FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ比べをしよう!そして考えよう・・・

今現在

大門で使用しているそば粉と

先日、荘川で購入したそば粉を

食べ比べをしてみようと思って

それぞれ十割で打ち上げて試食をしてみました。


吟そば





今までは、あちこち行って出来上がった麺を食べることしかしてなかったですが、
あちこちの粉を知るってのも大事ですね、今回初!!



で、

荘川そばです
高山3-9

あの2.2m特大石臼で挽いたそば粉なのかどうかは、分かりませんが。
荘川そば粉-1

400g 600円 で販売されており
そのままを購入。

ちなみに、大門のそば粉も 400g 600円 にて販売中。


練り鉢に移すと
少なっ!笑
荘川そば粉-2

まぁ、大門の練り鉢が特別大きいんですけどね。
高級です^^



触った感じは、少し荒め
例えば、この粉を素人が十割で打ち上げれるかというと、ちょっと難しいかも!?
というくらいの荒さかな。


加水していきます
工程名は、【水回し】と言いますね
とっても重要とされる工程です!
荘川そば粉-3


かき混ぜてる時点で
粉から香りがでてると、仕上がりの香りも分かります
上質のそばの実を挽いた粉は、ここでプンプン匂います!!
荘川そば粉-4

練り上がりました!
小さっ!笑
荘川そば粉-5


伸ばしていきます
荘川そば粉-6
打ちにくいこともなく、失敗もなく打ちあがりました。


生地を広げていくと
その粉がどういう粉に仕上げられた(作られた)のかが分かります。
400gの粉の中にも、メインとなる粉・アクセントとなる粉などがあります。
でもここではあえてそれは写しません(企業秘密みたいなもんですね)



切りました!
我ながら良くできました!笑
(´へ^)/
荘川そば粉-7


茹でます
荘川そば粉-8

・・・

あれ!?
(´д`?))))?
切れる・・・
(´~`;;;)))?


上手に打てて
上手に切れて

と思っていたけど
釜に入れた瞬間にパラっと切れるのがわかりました・・・

これは果たして
腕の問題か!?粉の問題か!?


で、ここで
大門の粉で打った十割そばも茹でて(これは切れませんでした)



出来上がった2種類の十割蕎麦を並べてスタッフで試食会♪

早く食べたいがあまり、肝心の写真を撮り忘れました・・・(汗




で、食べ比べてみて



どちらもウマかった!!!!
どちらも良い香りしてた!!!

でもこれば僕からすると意外

なぜなら、荘川のそばの実ってそんなに有名でもないし、こちらまで出回る需要もない
欲しいから入れてと取り扱い業者に頼んでも入手は出来ません(自ら買い付けに行けば可能かもしれませんが)
大門では、県名こそ出せませんが、美味くて有名な産地の実を使っています
なおかつ、それを自家製粉し、挽き立ての粉を打ち上げる
絶対、大門の粉と麺のほうが圧倒的に美味いし香りもすると思っていました。


しかし、どちらもそう変わらなかったわけです。



なぜ!?
ψ(・・?)
そんなに有名でもなく需要も少ない荘川で採れた蕎麦の実を、あの2.2m特大石臼で製粉するのと
超有名●●県で採れたブランド蕎麦の実を、大門の30cmの石臼で製粉するのと

もしかしたら、僕の製粉方法が悪くて上質そばの実をうまく製粉できてないのかも!?
または、あの特大石臼だからこそ美味いそば粉に製粉できるのかも!?
それとも、荘川産のそばの実が上質なのか!?

産地も大事、製粉方法も大事、打ち上げる技術も大事、茹でる技術も大事
ブランド実を高い金額で購入しても、うまく挽けなかったらダメなんだし
実や粉を見極める能力もうそう
自らを知り他も知り




そして、課題が残った・・・





うなされそう (笑





















Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。